2018-06-23

徒然なるままに2ヶ月で70記事以上の記事を書いてきて思った、自分自身のこととコンテンツマーケティングの難しさ

一日一記事(2000字以上)、二ヶ月の振り返り

こんにちは、じゅんです。

ほぼほぼ私的な日記で、役に立てようという気持ちがあんまりない記事になってしまってますw

なんやかんやで、ブログを解説して二ヶ月が経過しました。記事数も70記事を超え、それなりのサイズのブログになってきました。

ブログ開設して今まで、基本的には、クロネさんの70記事講座を読みながら進めているのですが、なかなかそのとおりには行かないなぁと思っています。

最初はキーワードもチェックして、ある程度読む人のニーズを考えて〜ってやっていたのですが、自分の書きたいことを書きたい!という気持ちがどんどん大きくなってきてしまい、最近はほとんど検索キーワードの調査もしないで、毎日かけそうなこと、書きたいことを徒然なるままに書いています。

まあ雑記ブログなので、好きなことを書いて、たまに検索キーワードでニーズありそうな感じの数値が出たらリライトなり新規記事なり書いていくのが気楽でいいかなと思っています。

記事を読み直してリライトしていくのは案外楽しく、それ自体は個人的には意外でした。

当初からホントに記事テーマ決めずに幅広く書いていたせいもあって、70記事溜まってきた未だに、きちんとカテゴリ分け、タグ付けがうまくできるほどに溜まっているものがありません。
最初考えていたテーマは、「副業・スモールビジネス」「ビジネス書の書評」「エンタメ」の3本柱で、概ねそういう記事が多かったですが、最近はICLとか脱毛とか体験談的な日記も増えてきて、いまだにテーマの見えないブログになってます。

とはいえ、やっぱりここ数記事は調査なしでバーっとかけなくなってきていて、改めてかけるテーマをカテゴリを整理しつつブレストしていこうかなと思っています。

一旦ブログを書く習慣を完全に習慣化するためにも、あと一ヶ月100記事まではほぼ日刊の更新を続けようかなぁと考えています。

続けてみてわかったこと

自分という人間がすこしわかった

70記事書いてきてみて、自分自身の特性が少しわかった気がしています。ざっくりまとめます。

  • 基本的に真面目で毎日更新とかは自分で決めて実施できる
  • 自分で調べて触れて感想を書くのは全然苦にならない(毎日でも無理じゃない)
  • 読者が読みたいだろうものを、外でもある情報をまとめる形で書くのは結構苦痛
  • 作業的なものを毎日続けるのは得意だけど、振り返りを怠り惰性の作業になりがち

真面目にコツコツ頑張る事はできるし、自分の意見を主張することはできるんだなぁという手応えはあります。
ただ、読者のニーズに答えるために自分の意見を削ったり興味のないことを調査するのが苦手で、初期の頃それをやろうとして時間もかかるししんどいしでだいぶ苦痛でした。

また、書いているとアイキャッチ画像をちゃんと入れたほうがいいなとか、内部リンクの充実とか関連記事パーツとか入れたほうがいいなとか出てくるんですが、なかなかまとめて振り返って基盤を整える的なことをする時間を取れず惰性で記事だけ増えていくという感じになってしまいました。
週末とかにしっかり時間とって振り返るとかは時間が取れればできるので、苦手という意識はないんですが、なかなか平日も走りながら改善する体力がないですね。

コンテンツマーケティングの難しさ

自分が割とみんなが知りたがっている初心者向けのコンテンツとか作るの苦手だなというだけです。

自分の中ですでに自明なことだったり、説明するのがめんどうなことってあると思います。でもそういったことがキーワード調査したらニーズが強かったりするんですよね。

私としては検索ボリュームが大きい、初心者向けのコンテンツとかは、基本的にある程度他のサイトで満足しちゃって、自分自身で丁寧に細かく解説していくのが、結構しんどいし自分以外でも絶対できるなぁと思ってしまいがちです。
自分が未知の内容なら全然楽しいんですが、既知だと結構しんどいなぁと。ただ、既知の内容のほうがちゃんと書けば本当はいいコンテンツになるはずなんですよね。

なので、「自分で記事を書く」という前提に立つと、一定の検索ニーズに対していい記事を書き続けるということが結構苦手なのかもしれず、身一つで工夫もせず、ブログ・アフィリエイト領域で勝負するのは負け戦かもしれないとわかりました。何かを書くのはできるかなと思っていたので、楽観的でいたのですが、難しいもんですね。

今後のブログの運営とアフィサイトの戦略

ブログの運営

  • 100記事の更新
  • カテゴリや内部リンクの整理
  • ライティング技術をマニュアル化
  • キーワードベースのリライト

まずは100記事を書ききりたいと思ってます。稚拙でもニーズなくても100記事書くことでの自信と習慣を手に入れたいです。

それ前後でサイト自体を資産化する部分に取り組みます。このサイトはWordpressとかではなくRailsで自分で作っているのでそこそこ開発工数もかさむんですが、関連記事の実装やタグ・カテゴリをしっかり整備して行きます。

またライティング系の基本の本を読むことが増えてきたので、一旦自分なりにマニュアルにまとめて、それをもとにリライトとかをやってみようかと思います。実際に外注とかする際に役立つようなものを作ります。

あとは、流入キーワードを見てリライトかけていくってのもやりたいですね。まだ2ヶ月しか経過してなくてドメインの評価も低いってのがあるっぽいですが、アクセスはほぼ皆無です。とはいえ少しずつキーワードに表示されることは増えてきたので、100記事前後で一旦見直してニーズのあるところに集中して手直しします。

100記事かけたあとは後述のアフィサイトの構築に比重をおいて、こちらは気の向くままにテーマを決めて週2、3回の更新に変更していく予定です。

アフィサイトの戦略

  • 事前調査に比重をおいて、戦略を考える
  • キーワード調査&骨格は決めてマニュアル化
  • 自分で記事も書きつつ外注も併用
  • 自分が詳しくない&興味があることをテーマで戦う

とにかく70記事書いてわかったのは、漫然とキーワード調査しつつ良い記事を書くのは自分には難しそうということでした。

なので、きっちり事前調査して、勝てる見込みを作った上で、さらに作業をマニュアル化して自分の好き勝手にやれないようにした上でコツコツやっていくことが重要だなと。そこでマニュアル化ができれば外注に発注することも不可能ではないですし、良いのかなと。

また、既知の情報をそれなりのボリュームで書くのは結構しんどいので、テーマ自体も私が興味があるけど、あんまり知らないものにします。最初の30記事くらいは未知の状態で楽しみながら書いて、後半から既知が増えてきたタイミングで外注に発注を入れていこうかと。

まずは100記事を入れてその後半年くらい運用することをめどにサイトを構築していきます。

まとめ

当たり前ですが、やってみてわかることって多いですね。

特に自分の得意や不得意を受け入れることって実際に体験してみないと難しいです。はじめるまえは私は記事は書けるしニーズに合わせたライティングもできるとうぬぼれていました。

ただ、実際に70記事書いてみて、割と自分が云いたいことを言いたいタイプなんだなぁと感じてます。記事の良し悪しの判断とかは結構できる(つもり)ですが、いざ自分が書くってなるとヒットポイントが削られていきます。

そういうことを素直に受け入れて行動に移せるのも、実際に経験したからこそで、やっぱり100記事チャレンジしてよかったなと感じます。100記事達成してコンテンツを見直すとまたいろいろと見えてくると思うので、そのタイミングにでもまた書いてみたいです。
その頃には多少はドメインも評価されて見てくれる人が増えているといいですが。

以上、徒然なるままに2ヶ月で70記事以上の記事を書いてきて思った、自分自身のこととコンテンツマーケティングの難しさでした。