2018-06-20

入り口としての顧客候補のリストと、バックエンドとしての高額商品という設計をできるようになるとビジネスが安定しそうという話

無料での集客と有料な商品の組み合わせがビジネスの安定につながる

こんにちは、じゅんです。

今日は、ネットビジネスでよくある、無料で集客したあとに、有料の商材を打っていくという全体の構造をうまく組めるとビジネスが安定しそうですという話です。

抽象的な表現だけでは理解しづらいと思うので、具体例を出します。

なかじさんに見る無料集客からの有料商材販売の流れ

なかじさんという方のやっているアフィリエイト関連の情報発信ブログがあります。

なかじさんは徹底して、ブラックハットのSEOを行い成果を出している方です。
当然のことながらこのブログもブラックハットのやり方を中心に情報発信されています。

中身も大変濃く、わかりやすいので人気があります。
メルマガも毎日配信されており、読者とのQ&Aへの回答をメインにコンテンツを配信されています。

かなり中身もあるので、これらを無料で配信するってすごいなと感じるところです。
たぶん、そういった人はたくさんいるんじゃないかと思います。

で、このあと実際にどのようにマネタイズするのか。
無料で優良な情報を発信することで、たくさんの見込み客のリスト(メルアド)が手に入っています。
この見込み客に対して、メルマガ上で(クローズで)、自分が発信している情報に関連した商材(そこそこ高額)を販売していくわけです。

たとえば、なかじさんは、ブラックハットSEOの実際にどういう形で被リンクを貼っているのかの情報商材を販売していたり、被リンク用の中古ドメインを販売されていたりします。

これらは、実際にWEB上やメルマガで発信している概論を実際に実践しようと思うと、非常に重要な情報やものだったりします。なので、彼の発信している情報を信頼していくほど、自然と購入してしまうわけです。

しかも、具体的なノウハウということもあってお値段もそこそこします(数万円とか)。無料で情報発信をして信頼を貯金し、情報の中身と合わせて、自然な流れで課金に流していくという非常に綺麗にネットのビジネスが回っている方だなぁと思いました。

このモデルでの様々なバリエーション

なかじさんの場合は、構造として、

WEB上での発信→メルマガ登録→商材購入

という流れで、読者の信頼を徐々に上げていく形を取られていました。
実際にライティングも、WEB上では、不特定多数に向けて書いているのが、メルマガだとやや強いワーディングになっていたりします。
徐々にクローズに信頼感を醸成させていく形も美しいですよね。

さて、これ以外のパターンでも、結局は無料で信頼を作って、商材を打っている流れは結構あるので紹介します。

無料でのホワイトペーパー&メルマガ登録からのコンサル販売

これは対法人とかでよくあるやり方ですが、〇〇のノウハウ(業界のトレンドとかも多い)がまとまったPDFを無料でダウンロードできます。ただ、その際に会員登録だったり、メールアドレスの登録が必要ですというやつ。

実際にPDFの中身はよくまとまっていることがおおいです。ただ、基本的には概要をきれいにまとめた形で、実際にやろうとなると難しそうだぞとなっています。で、補足としてメルマガとかで少しずつ具体的なアクションプランを送っていくわけです。

数日間少しずつノウハウがわかってきたところで、実際にアクションする際に我々がコンサルしますよという商品を打っていくという形ですね。

見込み客を集めて、教育していき、優良顧客に育てていくというアプローチはこれ系では王道かと思います。

WEB上での発信→有料メルマガ→オンラインサロン

インフルエンサー系の方はこのパターン。

SNSやブログで継続して、一定のポジションを取り、自分の生活もさらけ出すことで、信頼を獲得していきます。単体で黒字がどかっと出る方もおおいですが、そこは集客の道具として価値を高めておいて、実際に有料のメルマガなどで付加価値の高い情報をクローズドで出すと。

更にファンに近い人達には、オンラインサロンでF2Fに近い形でアドバイスだったり、講演だったりを提供していくという感じですね。

これが一番うまく行っているのは、ホリエモンのブログ→メルマガ→サロン(HIU)かと思います。
現状のSNSのインフルエンサーはこの形で最後の有料商材を上手い形でビジネスにするのをいろいろと試されている印象です。

高額な商品を持つことも視野に入れてビジネス全体を設計しよう

今回は簡単に紹介しましたが、まだまだこういった形のビジネスモデルはたくさんあると思います。

ただ、当然ですが、これには一定以上高額で販売できる商品が必要になります。
特定のハウツーからの、ツールの販売とか。ファン化からの対面とか。ノウハウ共有からのコンサルとか。
いろいろな形はありますが、無料で集客する部分と上手いこと流れが出来ていることが重要なのかなと思います。

普通のアフィリエイトサイトとかだと、SEOで来た人をそのページで以下にコンバージョンまで持っていくかという話なので、やや顧客を育てていく的なこういったアプローチはしないのですが、安定的に高収益を上げるには、見込み客がしっかりと溜まって育っていく仕組みを作るのが大切だなと感じる次第です。

私はまずは、収益の出るサイトを作るところですが、中長期に安定するためにもこういったモデルは今後もキャッチアップしていこうと思いました。

以上、入り口としての顧客候補のリストと、バックエンドとしての高額商品という設計をできるようになるとビジネスが安定しそうという話でした。