2018-06-05

サウナ初心者がまず読むべき書籍やサイトを紹介!またよくいくサウナの中で初心者へのおすすめも合わせてチェック!

サウナ初心者は知識が不足している

こんにちは、じゅんです。

サウナ流行ってますね。私の周りだけかもしれませんが。
さて先日サウナの記事も書きましたが、今日は特に初心者の人に向けてサウナの始め方とおすすめのサウナの紹介をしたいと思います。

さてサウナ初心者がサウナを始めるにあたって、もしくは初心者の人に布教するにあたって意識しておきたいのは、「サウナへの知識が圧倒的に不足していること」です。

サウナ歴が長くなればなるほど、当たり前になっていることや初心者の頃の気持ちを忘れてしまいがちで、いきなりハードなサウナに連れて行ったり、水風呂の意義を説明せずにとりあえず入るんだみたいな感じで連れて行ったりしてしまいがちです。

なので、事前にある程度知識をつけつつ、適切なレベル感のサウナに行く(もしくは連れて行く)のが、サウナを好きになる・好きになってもらうには一番なんじゃないかと考えています。

初心者が読むべき(知るべき)もの

まずはサ道で概要を掴む

これはもうサ道一択になります。
バイブルです。

漫画版も文庫版もありますが、マンガ版のほうがサウナの魅力が伝わりやすいです。

藤森さんのインタビューでイメージをふくらませる

これにプラスして、オリラジの藤森さんのインタビューなんかを読むと、サウナの魅力がよりイメージしやすくなるんじゃないかと。

ここらでサウナ行ってみたいな、どうなんだろうという、サウナに対してポジティブな気持ちになってほしいところです。

初心者向けのサウナ

以前の記事にも書きましたが、初心者向けでいうと、スーパー銭湯系が良いのではないかと思います。
多少高いですが、やっぱりきれいですしサウナの種類も豊富です。
それでいてしっかりとしたサウナのクオリティもある場合が多いので、最初のとっかかりとしては入りやすいです。

おすすめのスーパー銭湯系サウナとがっつり系サウナ

  • スパラクーア(後楽園)
  • テルマー湯(新宿)
  • タイムズスパ・レスタ(池袋)
  • スカイスパ(横浜)
  • お風呂の王様(大井町)

どこもきれいですし、お風呂も大きいです。
今流行りのロウリュなんかもある施設が多いので、数人で連れ立っていくのも楽しいですよ。どこも食事処もついているので、飲みに行く感じでも使えます。

もともと銭湯が好きとか抵抗がないタイプの人であれば、最初からガッツリサウナに行ってしまっても良いかもしれません。
せっかくならサウナで整ってほしいので老舗でしっかりしたところがいいかなと。個人的なおすすめは以下です。

  • 萩の湯(鶯谷)
  • サウナセンター大泉(鶯谷)
  • 天空のアジト マルシンスパ(笹塚)

萩の湯は銭湯としてのクオリティがめちゃめちゃ高い感じです。
サウナのクオリティだけで見るなら下の2つがいいかなと。

ただ、やや玄人好みなので、銭湯やサウナに抵抗のない人向けだと思います。

非東京民のサウナの見つけ方

正直東京以外のサウナにほぼ行ったことがないので、安易なことは言えません。

ですが、参考になりそうなので、ここ1年位サウナ界で話題になっているサイトを紹介します。

ユーザー投稿型のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」です。
サウナや水風呂の温度やテレビの有無なんかの基本的情報に加えて、マニアックなところだと水風呂の深さなんかも記録されている日本最大規模のデータベースです。

こちらで近所のサウナで口コミがあるところから探して見るのがいいのではないでしょうか。

まとめ

とうことで、初心者の人向けの、最低限知っておくべき知識と最初におすすめのサウナの紹介でした。

ざっくりとまとめ直すと以下です。

  • サ道で概要を掴む
  • サウナ体験者(ex: 藤森さん)のインタビューでテンション上げる
  • 初心者向けのおすすめサウナから選んでいく
  • 東京以外ならサウナイキタイで検索する

できれば一人ではなくサウナ行っている人と一緒に行くことをおすすめしますが、個人で行っても作法を守れれば楽しめると思います。

この記事を参考に、サウナに最初の一歩を踏み出す人が出てきたら嬉しいです。

以上、サウナ初心者がまず読むべき書籍やサイトを紹介!またよくいくサウナの中で初心者へのおすすめも合わせてチェック!でした。